コラーゲン化粧品の研究と歴史

コラーゲン化粧品の研究と歴史

コラーゲンの研究と歴史という意味では、コラーゲン化粧品とは関係なく、株式会社ニッピが必ずあがってきます。というのも国内ではコラーゲン製造のシェアトップを維持し、戦前からコラーゲン研究を続け今に至るという、ロングランのコラーゲンとコラーゲン化粧品研究と製造の株式会社ニッピです。

 

1960年1月26日、それは当時、専門家の間で“水に絶対に溶けない”とされてきていた「コラーゲン粒子」を、日本皮革(株)が作った財団法人である日本皮革研究所[現:株式会社ニッピバイオマトリックス研究所]研究員であった西原富雄博士が、トリプシンとペプシンという酵素を用いることで完全に溶かせる、という事実を発見し、特許を出願した日なのです。

 

この発見により、医薬・医療をはじめ、化粧品や健康補助食品など、私たちの生活に「コラーゲン」がさまざまなカタチで取り入れられるようになっていきました。この功績が認められ、今では1月26日が“コラーゲンの日”として認定されています。

 

コラーゲンの日があることをご存知でしたか?1月26日です。覚えておいてくださいね。きっとコラーゲン化粧品のセールなどは1月26日前後にあると思っておいた方がいいですね。

 

ニッピのバイオマトリックス研究所では、「コラーゲン」普及の第一歩となった画期的な発見により世界的な権威として活躍を続けた西原博士の志と知識を受け継いだ研究員たちが、日夜、コラーゲンの研究開発を進めています。

 

1907年創業以来、株式会社ニッピは良いものを創ることにこだわり、品質第一を信念として、お客様のニーズに合致する製品を提供し続けること、これが創業以来一貫した当社の経営方針であるそうです。

 

株式会社ニッピは、長きに亘り積み重ねてきた確かな製造技術を通じて、高品質製品を安定的に生産し、各化粧品メーカーへ化粧品原料を提供していったのです。この間に研鑽された研究開発により、多分野での事業展開を推進していて、化粧品だけではないのです。

 

創業当初からの皮革製造に関する研究にはじまり、良質なゼラチンの開発、当社独自のコラーゲン抽出技術によるコラーゲンペプダイドおよびコラーゲン・ケーシングの製品化、コラーゲン化粧品の創出、化学架橋性ポリ塩化ビニルコンパウンドの開発、そして研究作業の簡便化に貢献する破砕器具「バイオマッシャーR」の創造等、当社の歴史は“ものづくり”の歴史でもあります。

 

現在は、コラーゲン研究のパイオニアとして食品・医療品・化粧品・健康食品等、幅広い分野で高い評価を得ることができて、国内シェアは常に1位。将来的にも、引き続き品質にこだわるという一貫した理念のもと、さらなる新規事業分野への進出を視野に入れつつ、新たなステージへ向けて着実に新規開発を進めているようです。