ヒアルロン酸とコラーゲンW処方の化粧品

ヒアルロン酸とコラーゲンW処方の化粧品

ヒアルロン酸とコラーゲンの違いがわからなくてもW処方と言われると、なんとなくそちらの化粧品を選んでしまうのが女性心です。コラーゲンだけ、ヒアルロン酸だけよりも、W処方と書かれた化粧品の方がお得なような気がしませんか?そうですよね。

 

でも、ヒアルロン酸とコラーゲンのはっきりした違い、肌でのすみわけなどを理解している人は少ないと思いますので、ご紹介したいと思います。これで化粧品購入の際にヒアルロン酸、コラーゲンと記載しているもので自分に合うものを選んでいくというが一番です。

 

ヒアルロン酸とコラーゲンは、その保湿力から化粧品の成分として、よく配合されていますが、一緒に配合されていることも多いため、それぞれどのように違いがあるのかわかりにくいものです。ただ、両方とも身体を構成する要素して大切な役割を果たしています。

 

まずは人の身体におけるヒアルロン酸とコラーゲンの働きを見ていきましょう。まず共通点ですが、どちらも軟骨に存在していることです。軟骨には関節にかかる過重に耐えるためのクッションが必要です。

 

このクッションの役割を担うのが、コラーゲンやプロテオグリカンという成分なのです。また、皮膚においては、ヒアルロン酸とコラーゲンは真皮に存在しています。

 

真皮は表皮の内側にあって、皮膚組織の中で一番厚い部分です。その重量の70%を占めているのが「コラーゲン線維」です。約0.02mm〜0.1mmのコラーゲン線維が網の目状に張りめぐらされている隙間を、ヒアルロン酸などの基質が水分を抱えながら埋めています。

 

このコラーゲン線維やエラスチンがピンとはっている状態で、十分に水分を含んだヒアルロン酸がその間を埋めている時は、肌はハリと弾力を保っており、すこやかで乾燥しにくい表皮を作ることができます。どちらも、もともと真皮に存在しているものなのですが、肌の表面から塗ったとしても真皮まで届くという訳ではありません。ただ、それぞれに肌になじみやすいように低分子化=ナノ化されたものもあります。

 

そういった肌になじみやすいものを使用すれば、角質内にとどまり、水分を保持しつつ、肌のバリア機能の働きをしてくれますので、湿度が下がった真冬でも、しっかりと水分を抱え込んだままお肌をふっくらキープしてくれますよ。

 

顔に使用するアイテム以外にも、ボディクリームやハンドクリームにもよく配合されていますよね。ヒアルロン酸もコラーゲンもその保湿力はお墨付きなので、うまく使うことで乾燥から肌を守りましょう。